まあ、その、日記です。お気軽にコメントつけてください♪


by mikansour

ライブ行ってきました。

行ってきました千葉ライブ。

朝から、ライブに行ったら席がガラガラという怖い夢をみて
多少ブルーになりながらも行ってきました。

さて、正夢というほどではなかったけども、日曜夜で千葉ということで
やや空席が目立ち気味。。

でも、ライブの内容はとてもいいものだった。

***

久しぶりの「旅路」。
この曲はアルバム「ギターマン」の1曲なのだが、とても素敵な曲だ。
のぶくん作曲で、ちょっと切ないような、でも前向きな曲。
あまりライブでは聴けないのですごく嬉しかった。

名曲「風と行きたかった」の続編である「続・風と行きたかった」。
3rdシングルの「風と行きたかった」のテイストを残しつつ、その続きを歌った曲。
もっと歌ってもいいのになぁ、と思う。素敵な曲だ。

「ウソツキ」の新アレンジ。
ヒットを飛ばしたウソツキだけど、今回は初めて聴くアレンジだった。
今井くんのしっとりしたキーボードが絶妙。
この曲がこんな風になるのか、と新しい驚きだった。

坂本サトルさんとのセッション。
特別ゲストにサトルさんがいらした。
全くタイプの違うボーカルだけど、その歌声には同じようにミュージシャンとしての
力強さを感じた。
アーティストとの共演は、刺激になって素晴らしい相乗効果を生むのだと思った。

アンコールの「ここにいる理由(わけ)」。
今井くんが伴奏のキーボードを間違え、やり直すというアクシデントがあったけど
かえってそれで3人の力みがとれ、よりいい演奏ができたように思う。
のぶくんの、そして3人の良さが凝縮された1曲だった。

***

今回は、色々考えさせられるライブだった。

不安な面では、客の入りがちょっと少なかったことと、告知がなかったこと。
去年の終わりには、2月くらいに新曲を出すような話をしていたと思うんだけど。。
2曲ほど新曲を歌ってくれて、素敵な曲だったけど、発売とかそういった話はなく。
この先、彼らがどういう方向に進むのだろうか。

期待な面では、やはり彼らの可能性がまだまだたくさんあると感じたこと。
先にあげた「ウソツキ」の新アレンジにしても、今回は今井くんと伊藤くんが
キーボードを弾く曲が多かったことにしても、これまであまりみなかったことだ。
実は最近のライブは正直、構成などに少しマンネリを感じていた。
しかし今回、彼らはまだまだこんなに私たちを驚かせ、楽しませてくれるのだなと
あらためて感じた。

今回、「旅路」「ここにいる理由」が歌われたことに対して
私はすごく意味ありげに感じてしまった。
彼らも考えているのだと。

***

サトルさんに、「長く続ける秘訣は?」と質問していた。
それに対するサトルさんの回答は。

「やめないこと」。

やめよう、と思うきっかけはすごくたくさんある。
それでもやめない、というのが結構難しい。
それを乗り越えれば、いつの間にか長く続いているのだという。

サムエルにも、「やめよう」というときがたくさんあるのかもしれない。
それでも、やめないで、続けていて欲しい。
こんなにも、素敵なものを持っているのだから。
[PR]
by mikansour | 2005-02-13 23:12 | サムシングエルス。 | Comments(0)