まあ、その、日記です。お気軽にコメントつけてください♪


by mikansour

無事終了!!

というわけで本番終了しました!
アルビノーニのオーボエ協奏曲は、意外と難しかったけどかなりさらった甲斐があり、
素敵なオーボエを堪能しつつかなり上出来でした♪
シベリウスのかわいい組曲は、最初のちょっとしたトラブルに加え、
前プロ終わって緊張がゆるんでいたせいか自分的にはちと不本意な出来だったけど、
2楽章はまぁうまくいったしまずまずかな。
バッハは全体も私もとてもいい緊張感でできて、
ほとんど危ないところもなかったしとてもよい出来だった。
印象的だったのは、解決の和音。どれも素晴らしい音程でよく響いてました。
私は弾いている最中はもうとにかく落ちれないので楽譜をみつめて淡々と弾いたのだけど、
それがちゃんと皆との一体感の中で流れていたみたい。
打ち上げで演奏を聴いた感想はそんな感じ。
気になっていたバランスも、録音を聴いてみるととても自然で、
ときどきむしろもっと出してもよかったなぁと思ったくらい。

とにかく、今回は室内楽で人数が少ないから間違えると目立つし
一人の責任が重いというのに、トラで練習不足というかなりやばい事態で
しかもそれに気が付いたのが2週間前という。
慌てて必死にさらったけど、フーガはさすがに覚えられず
完璧に弾ける自信のないまま本番を迎えてしまったけど、
なかなかいい感じで弾けてとりあえず足はひっぱらずに
それなりにお役に立てるくらいには弾けたかなーと思います。

それにしてもここの団体は個人個人の力量がとても高いわけではないけど
やはりある程度のレベルがある上に、たくさん練習を真面目に重ねている感じで、
なんとも素晴らしい団結力と一体感を感じました。
トラでいってだいじょぶかいなと不安になった団体はいくつかあったけど、
今回は私が出来が悪すぎてこの一体感を壊すのではという恐怖が大きくて
かなり焦りましたが、こういうのはよい経験だしうれしいことですね。
こんなふうにみんな真面目にちゃんと練習したらうまくなるよなぁ。反省です。
あとやっぱり中低弦がしっかりしてるのがとてもうらやましかった。
どうしてもうちのOBオケと比べてしまうのだけど、うちはほんとに中低弦が弱いからなぁ。。
ともあれ、室内楽はやっぱりとても楽しくて、大変だったけど乗ってよかったなーと思いました。
また色々室内楽やりたいなぁ。
[PR]
by mikansour | 2008-11-24 23:59 | Comments(0)